Blog

フェイスの新しい木製ドア

当店の入り口にはオーダーメイドの

大きな木製ドアがあります。

もう20年近く経って

老朽化してきたので

新しいドアを作り直して交換しました。

 

古いドアは下の方が

長年の雨風でかなり傷んでいました。

近年は時々自分でニスを塗装していましたが、

もう限界のようでした。

 

新しいドアに交換。

まだ塗装前白木の状態ですが

タモ材の木目がきれいです。

 

職人さんに

きれいにニスを塗装してもらいました。

 

完成です。

ドアの枠も

しっかりやすりがけをして

塗装してもらいました。

 

クリスマスリースを飾りました。

ドアの取手もあえて変えず

知人の設計士さんが

すすめてくれた

ユニオン社の同じ物を

取り付けました。

こちらも木目がきれいで

木のぬくもりを感じる

とてもいい手触りです。

ご来店される際はぜひ

ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

日本が誇るバレエダンサー 吉田都さん

先日、NHKのドキュメンタリー番組

LAST DANCE 

(バレリーナ 吉田 都 引退までの戦いの日々) 

を見てとても感動しました。

吉田 都さんは、高校2年生の時に

ローザンヌ国際バレエコンクールに

入賞して、イギリスのロイヤルバレエ学校に入学。

その後は、ロイヤルバレエ団で

最高位のプリンシパルとして、22年間も

ロイヤルバレエの舞台で活躍していた

世界最高のバレリーナの一人です。

今年の8月に、

国内で引退公演が行われました。

番組は、公演まで吉田さんの

一年間を追ったドキュメンタリーです。

今年53才の吉田さんが、疲労骨折や体力の衰えと闘いながら

最高の舞台を目指す、

すさまじいまでの努力は

見る人に感動を与えると思います。

手足が長く容姿が美しいバレエダンサーが

たくさんいる中で身長が160cmに

満たない吉田さんが、

容姿のコンプレックスと戦いながら

いかに自分の姿を舞台の演技で

美しく見せるか、人一倍努力したようです。

 

私は、以前ロンドンで

吉田都さんの舞台を見たことがあります。

当時、私はロンドンのサロンで働きながら

ヨーロッパの芸術も吸収しようと

美術館やコンサートに出かけ、

バレエやオペラなども

よく見に行っていました。

 

ロイヤルバレエの公演で、有名な白鳥の湖を

見に行った時に、パンフレットで

日本人の名前を見た時はとても驚きました。

海外の有名なバレエ団の舞台で、主役として

活躍する日本人の姿に、

とても勇気づけられたのを覚えています。

番組にも出てくる、最終公演最後の

パートナーを演じたイレク ムハメドフも

その日のパートナーでした。

海外で苦労していた2人は、精神的にも支えあっていたようです。

当時のパンフレットと、チケットをまだ持っています。

 

1995年、吉田さんが

正式にロンドンのロイヤルバレエ団に

移籍してその2年後、

32才の時の公演です。

 

 

当時はお金がなかったので、

いつも安いチケットを買っていましたが、

ロンドンのロイヤルオペラハウス

はまるで別世界です。

一番安い天井桟敷の席は、

劇場全体が見渡せるので

雰囲気が味わえて、

値段のわりにはよく見えました。

このチケットも当時のレートでわずか

¥1000ぐらいです。

インターネットのない当時、

まだ慣れない英語で緊張しながら

窓口でチケットを買っていたのを

思い出します。

番組で、当時同じバレエ団の人が

語っていますが、

吉田さんは世界最高のバレエ学校の中でも

桁違いの演技力と技術を

持っていたそうです。

目の肥えたロンドンの聴衆たちも

そのすばらしい演技に

魅了されていたのでしょう。

吉田さん以降、多くの日本人が世界の舞台で活躍していますが、

その道を切り開いた偉人だと思います。

 

体力と肉体の限界で臨んだ最終公演は、

当店のお客様も見た方が

いらっしゃいましたが、

とても素晴らしかったようです。

番組で最終公演を終えた吉田さんが

ほっとした笑顔でバレエシューズを

脱ぐ姿が印象的でした。

 

現役引退後の吉田さんは、

新国立劇場の芸術監督として

指導されるそうで、

今後の活躍も楽しみです。

 

こんど再放送があるので興味のある方は

ぜひご覧ください。

12月14日(土)午後3時05分~ [NHK総合]で49分版
12月29日(日)午後3時45分~ [NHKBS4K]で99分版

 

家部 誠一

 

                                      

 

 

 

 

 

 

ハイライト&ローライト

こちらのお客様はいつもハイライトと

カットで都内からご来店しています。

今回はハイライトと

秋冬用にローライトも

入れました。

 

日本人の髪ではなかなかここまで

きれいに明るくなりませんが、

アッシュブロンドのハイライトと

ベージュブラウンのローライトは

相性がよくボブ系のヘアに

動きと立体感をあたえてくれます。

 

家部

 

 

 

 

 

尾瀬の紅葉

先日、群馬県の尾瀬、戸倉方面へ

ドライブに行ってきました。

当日は雨でしたが紅葉がとてもきれいでした。

 

 

尾瀬戸倉から鳩待峠へは尾瀬ヶ原に行く人達も

多いのですが、この日は車も少なく静かでした。

紅葉といえば日光が有名で、

平日でも渋滞していますが

ここ尾瀬方面は車も少なく静かでおすすめです。

 

 

帰りは片品村の万里姫どうふの店によって

ざるどうふを買って帰りました。

万里姫どうふは、以前人気のあった

尾瀬どうふの店が閉店して、

親戚の方が店名を変えて営業しています。

地元、片品の大白大豆から作られたおとうふ

は絶品です。

ぜひ機会があれば行ってみてください。

家部

 

 

七五三のお客様

少し早めに七五三のお参りに

お出かけになったお客様です。

 

 

古典的なお着物に合わせて、

新日本髪風の髪型でセットしました。

最近は古典的な髪型や着物も

人気があるようです。

七五三おめでとうございます。