Blog

64年前の鶴ヶ島駅西口商店街 鶴ヶ島駅西口の歴史

6月のブログ、鶴ヶ島駅西口商店会の電灯でも当店前の通りについて

ふれましたが、この駅前通りの古い写真がでてきました。

 

この写真と同じ場所から、1950年(昭和25年)に撮影された写真です。

 

 

なんと64年前、1950年の鶴ヶ島駅西口商店街です。

まだ駅の周辺も農家が多く、道は砂利道で車もあまり走っていなかったようです。

ちょうど当店の向こう側から、駅反対方向に撮影されています。

 

この写真は私の父親が、当店のお隣にある河合商店の店主である商店会長のお父様

故河合 兵司さんからいただいたそうです。

河合 兵司さんは永く鶴ヶ島商工会の会長を務めて鶴ヶ島の発展に寄与した方です。

当時鶴ヶ島駅はすでにありましたが、駅周辺にはお店も少なく、西口のツタヤのある

場所は今泉さんが牧場を営んでいたそうです。

この時の鶴ヶ島村の人口はまだ6800人ほどの農村でした。

 

 この写真の右側に写っているのは、以前に河合商店のとなりにあった吉田商店です。

食料品や鮮魚を扱うお店で、私もよく子供の時には買い物に行きました。

その奥にある建物は八百屋だったそうです。

当店の場所は、この当時は農家の出荷組合がありました。

この後に、お隣の河合商店や当店まえのサカエヤさんが開店しています。

そして1960年、今から54年前に私の母がこの場所で

きく美容室をオープンしました。

 

当時は美容室も少なく、このあたりでは

駅の東口にもうひとつあるだけでした。

その後は1966年に鶴ヶ島村が鶴ヶ島町になり、1970年代から80年代にかけて

急速に住宅が増えて、毎年10%近くも人口が増加していたそうです。

その後、東口しかなかった鶴ヶ島駅に西口ができて、駅周辺も店が増加していきます。

1991年には、鶴ヶ島町から鶴ヶ島市になりました。

今では、写真が撮影された当時の10倍以上の人口になりました。

 

家部 誠一